Rayuela(Daniel Haaksman RMX) / Gotan Project

 World's End Recordから、愛をこめて。

Gotan Projectの10インチ。前作のLa Gloriaも昭和を感じるアコーディオン(日本のバンドじゃないけど)とビートの組み合わせが絶妙だった。今作は子供声コーラスをフィーチャー。Daniel Haaksmanのラテンビートと合わせた子供声は、ちょっと前に流行ったEnfants / Ricardo Villalobos的…だけど、やっぱりエレガントな昭和レトロを感じるこっちの方が好き。BPMも遅くて、ロマンチック。

動画はオリジナル。オススメのリミックスはアナログでしか聴けないかも。かっこいい。


Heavy Feathers / The Holidays

 World's End Recordから、愛をこめて。

Modularとか言うまでもなくオージー勢はいい感じで、このThe Holidaysもオーストラリア出身。レコード自体はUKから出してるみたいんだんだけど。このHeavy Feathersって曲はGolden Skyって7インチのカップリングながら、A面より好き。よくあるトロピカルポップだけど、こういうの好きだからしょうがない。


summer 2010

 先日の週末に、ふと回したレコードたち。
選んでるときはそんなつもりもなかったのだけど、後から並べてみたら2010年の夏っぽかったので、リストしときます。あくまで個人的な夏の曲たち。


We Areだけ音源が見つからない。歌詞も熱くていいので、代わりに載せときます。

---

夏が終わったね。いい夏でした。
最終的なひと言を、言葉を尽くすって難しい。



This Desert / Hundred In The Hands

World's End Recordから、愛をこめて。

最近のUSインディはすごい。このHundred In The HandsDOMDeloreanの真ん中くらいな感じに、少しディスコ。 甘くて青くてメロディもしっかりしてるけど、低音もしっかり入ってる。 こんな青いEPがなんとWarpから出てる。Warpって幅広いすね。 

しかしCut Copyの新曲といい上に書いた12インチといい、 
世間は少しずつトロピカル路線から軸が移ってきてるね。 
面白くなってきたと思います。
 
 

Real Life / Tanlines

World's End Recordから、愛をこめて。

猫も杓子もトロピカルという昨今ですが、Tanlinesの12インチもこれまたトロピカル。
昔のトロピカル(って昔はきっと言ってなかった)と最近のトロピカルでは少し違いがあって、昔は生音中心だったけど、最近のはシンセが多かったり、打ち込んでたりする傾向にあると思います。いずれにしても好きだからやっぱ買っちゃうんだけど。ボーカルがある曲の方がポップでいいです。

12インチを全部聴くと、まんまトロピカルっていうより少しディスコ入ってる感じがして、新しいかも。夏ディスコ。

Real Life / Tanlines


You / Gold Panda

World's End Recordから、愛をこめて。

少し前から色々なメディアに露出し始めたGold Pandaを初めて聴きました。エレクトロニカとヒップホップの真ん中らへん、というかもう最近はジャンルで括るのが本当にナンセンスな気がしています。Flying Lotusよりもポップで、リフレインの感じはThe Fieldっぽい。少なくともこの曲に関しては。
低音が気持ちいいので、大きな音で聴いたらいいだろうなと思って、ひとまずヘッドホンで聴いたら最高でした。

You / Gold Panda


A Felicidade / Joao Gilberto

World's End Recordから、愛をこめて。

ジョアン・ジルベルト。ボサノヴァの神様であり、イパネマの娘という曲でも有名なアーティストです。実は今までちゃんと聴いたことなかったんです。ボサノヴァって、あまりに平坦すぎるなあ、なんて思ってたこともあって。で、このフェリシダージって曲に出会いました。この曲に限っては、ボッサというよりサンバです。そこが好き。ってことは純正ボッサまでの道はまだ遠いのかな。まあいいか。サビのタイコとホーンがなぜか超ルードで、遅めBPMもいい感じ。

動画ないみたいです。ギターだけの動画はあるけどそれは全然面白くないので。
ホーンがキーなんです。

Opposite Of Adults / Chiddy Bang

World's End Recordから、愛をこめて。

MGMTKidsをサンプリングしてる。色気ないけどKidsの甘さは残ってて、アメリカのHipHopってかブラックミュージックな感じもあって面白いです。Chiddy Bangはフィラデルフィアの人みたいなので、ブルックリン・ミーツ・フィラデルフィアですね。iTunesではなぜかPodcastにあった


Comedy Waltz / Fairground Attraction

World's End Recordから、愛をこめて。

Fairground Attractionの最初で最後のオリジナルアルバム収録のこの曲。超名曲のPerfectにも劣らないくらい好きです。メロウ。そして中盤の「beating a drum」って歌詞と一緒にドラムが叩かれるとこが、何ともいえず甘くて大好きなんです。まあ、歌ってる姿はモロ80年代なんだけど。




L.O.V.E. / Jools Holland, Rico Rodriguez

World's End Recordから、愛をこめて。

Jools Hollandを知らなくてもRico Rodriguezは知ってるかもしれないし、それ以上にL.O.V.E.ってこの大名曲は、きっと多くのひとが耳にしたことがあるでしょう。なのでここで今更紹介するまでもないかもしれないのですが、でも聴いたことなかったら知ってほしいし、7インチで出たのが嬉しくて。しかしレーベルがよくわからん。この7インチは2Later Recordsからなのだけど、同じようなLily AllenのEPが 2 HYPHY Recordsから出てる。明らかにジャケットは酷似。誰か詳細知ってたらぜひ教えてください。Joolsの番組が「Later」っていうらしいから、それとレーベルは関係あるのかも。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM