おどろき、もものき、アントニオ猪木 / 澁澤恵介

アントニオ猪木。その名前を聞いただけでなんとなく笑ってしまう昨今ではあるけれど、それも結局は彼の掌の上で転がされているだけなのじゃないか。そう思える1冊です。

本の構成が実に秀逸で、序盤にいわゆる仰天エピソードを盛り込み、終盤に行くにつれ、猪木の人間性や、歩んで来たプロレス人生(だけじゃなくてアントン事業なんかも書かれてるけど)がわかるような構成になってます。序盤で掴まれて、そのまま一気に読んじゃう感じ。

終盤は新日とか全日とか出てきたり、TPGとのやりとりが書かれていたり、猪木を通して当時のプロレス事情が少しわかった気がします。ずっと中心にいないと、そういう書き方ってできないから、それだけでも猪木の凄さが伝わってくる、のかな。ちなみにTPGは「たけしプロレス軍団」とな。

笑えるし勉強にもなるバランスの良い1冊。本棚に入れておこうと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM