冬の夢 / スコット・フィッツジェラルド 村上春樹 訳

World's End Recordから、愛をこめて。

村上春樹は好きでよく読んでます。フィッツジェラルド作品を読むのは実は初めてでした。海外の作品って独特の雰囲気がある気がします。少しうらぶれてて、自暴自棄になることでセンチメンタルを描くというか。例えば北野武の「ソナチネ」みたいに、何も起きないことがセンチメンタルである、という描き方と真逆なのかな、なんてぼんやり思いました。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM