芸人交換日記

芸人交換日記を観た。QuickJapanに以前記事が載ってて気になってた。
刺さりまくって涙が止まらなかった。ひとりで観ててよかった。

自分には恋人がいないわけだけど、恋人がいないって言うと「どんなタイプが好みなの?」って大体聞かれて(そりゃとおりいっぺんの流れとして当然聞くよね)だいたい「ケンカできるひと」とか「お互いがお互いの一番の味方であることができるひと」とか答えるんだけど、そうするとまあ「ははは、難しいね(笑)」みたいな感じになって一連の会話終了、ってパターンが多い。それは自分が聞く側でもそう答えるなあって思うんだけれども。だからこの会話自体は「もうかりまっか」「ぼちぼちでんな」と同じレベルの話で。

で、このDVDを観るとかに全然関係なく、偶然にも今朝からずっと考えていて。ケンカがちゃんとできて、一番の味方になるのって、別に恋人じゃなくてもいいのではないかと。知り合いとか友達くらいじゃ無理かもしれないけど、親友って呼べるひとがいればいいのではないかと。

でも、違うんだって気付いた。恋人がいたら、お互いだけじゃなくて、家族を一緒に愛せるんだ。家族のために捨てられることって何かなって考えたら、きっと殆どのことが捨てられるんだよね。恋人と家族って、子供がいなくても、きっと違うんだろうなって感じた。そのあたり、最近増えてきた周りの夫婦にも聞いてみたい。

この作品の主人公は30歳で、自分も30歳で。このまま今の仕事続けるのかとか、年収下がるけど好きなことやりたいとか、そもそも好きなことって?とか、現状の何が不満なんだボケ!とか、自分のことで精一杯になったら両親はどうすんだ、今は健康だけどいつどうなるか判んないぞとか、自分自身が仕事辞めて体調崩したらどうすんだとか、仮に恋人ができたら自分のやりたいことにそのひとを巻き込んでしまっていいのかとか、そういうことばっかり最近考えていて。30歳ってやっぱりそういう歳なんだと思う。仕事も出会いも、少しずつ現実と歩調を合わせなきゃならなくなる。何があっても死にはしない、って心のどっかで思ってるんだけど、それでも。軽やかに生きたいけど、目の前に見えている穏やかな生活の何が悪いんだ?って思い返して、最近は悶々としている。

時間がない。本当は気付いてるのに気付かないフリをしすぎて、臆病になった。思っていることは伝えないと、伝わらないのに。これも気付いてたのに逃げてた。ちゃんと伝えないとね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM