午前3時の音楽たち

午前3時をテーマに選曲しました。長いことやりたかった企画なので嬉しい。そもそものきっかけは、少し昔の曲になりますがCut Copyの「Lights&music(boys noise happybirthday remix)」というリミックスにとても午前3時を感じたことに遡ります。

※曲名のリンクはYouTube等々、実際に音源を聴けるところに飛んでいます。
先日すごく落ち込んだことがありました。その翌日に友人たちとカフェで会い、そのときに店内で流れてきた曲でした。よく耳にするけど、改めて聴くとやっぱりいい。

リミックスがオリジナルを超えることは個人的にはあまりない中で、それを果たした数少ない名リミックス。音数の少なさがよいです。

2012年3月にUKに行ったときにTVでやってた音楽番組から流れてきて知った。PVもわかりやすくて好きです。日本で安っぽいプロモーションを受けなければいいなと思います。

2012年にリリースされたOne Second Of Loveという傑作アルバムから。歌が上手いわけでもないのに、Nite Jewelには惹き付けられます。カリスマ感がある。

80年代後半の名曲。Arthur's Themeと悩んで、こちらを選びました。この曲だけでなく、バックビートと午前3時の相性は抜群です。

こちらは70年代の名曲。2コーラス目の最初に「it's three o'clock in the morning」って歌詞が出てくるのを差し引いたとしても(差し引きたくないけど!)これぞ午前3時の音楽って感じ。

アップリフティングな曲でも午前3時の音楽になる、という好例。UKの晴れない天気は、確実に彼らの音楽に影響を及ぼしてるなと感じます。Mike SkinnerのTumblrもいいです。

Dent Mayってもっとサイケだったような…と思いつつ、2011年作の本曲はストレートで清潔なポップソング。清潔であることも午前3時の音楽には重要な要素なんです。

この曲が入れられて本当によかった。「音を楽しむ」と書いて「音楽」と読むということを体現している超名曲。奇跡のようなハッピー感。

10. CHILDREN IN THE SUMMER [Live] / 矢野顕子 x 上原ひろみ
天才×天才の名演。アルバム全部良くて、詳しくは別エントリーに書いたのでよければこちらを。この演奏が3,000円で手に入るなんて安すぎると、聴くたびに思う。

他にも沢山あるので、しばらく「午前3時」は自分の中でのキーワードになりそうです。

それとは別に、mixを先日録りました。こちらは午前3時というより、インディ寄りでアップリフティングな曲を集めています。インディ好きの方々には有名な曲ばかりですが、インディって…?という方にも聴きやすいミックスになっています。聴いてみてください。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM