広告批評

World's End Recordから、愛をこめて。

30年。つまりはワタクシが生まれる前からあったこの本ですが、今回で最終号となってしまうようです。最終号にして初めて購入しました。広告の世界を全然知らなくても楽しく読めて、なんとなく時代を読んだ気分にさせてくれる本でした。知った時には遅い、よくあることながら残念です。

表紙が素敵。広告がないことが広告である、みたいな、ちょっと前のレアルマドリードみたいな感じがしました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM