Lemon Incest / Serge Gainsbourg & Charlotte Gainsbourg

World's End Recordから、愛をこめて。

フランスの鬼才というか天才というか異才というかのSerge Gainsbourgと、娘であるCharlotte Gainsbourgの共同作品。ショパンの超有名曲である「別れの曲」に歌詞をつけた本作は、今でも通用するシャルロットのウィスパーボイスと、ブレイクビーツ風味にアレンジしたトラックが秀逸。
しかしincestって単語、iTunesでは「×××」なってます。そりゃそうか。

Lemon Incest / Serge Gainsbourg & Charlotte Gainsbourg



themselves / taicoclub

World's End Recordから、愛をこめて。

タイコクラブにて面白かったアーティストをもう一組紹介します。themselvesっていう二人組です。超絶な動きの人力ブレイクビーツと、早口ラップの二人組。初めて観たんだけど、それこそ若き日の(つってもパンクやってる程の昔じゃない)The Beastie Boysみたいな感じかな。シンプルなブレイクビーツに小気味いいラップで。でもあれは生で観ないと面白くない。音だけじゃ、普通のヒップホップだもんね。



Daniel Wang in the taicoclub

World's End Recordから、愛をこめて。

念願のタイコクラブに行ってきました。天気がどうかな…なんて懸念もあったりしましたが、終わってみれば雨にも降られず、とても素敵な夜でした。寒かったけど。
一番のお目当てだったRicardo Villalobosより素晴らしかったDJが、Daniel Wangでした。ディスコ基調の選曲も良かったですが、それよりパフォーマーとしての彼の姿は間違いなくプロのエンターテイナーでした。踊らせることが目的のDJにあって、ひとつの到達点だと思います。どんなDJっぷりなのかは…この動画みたら少しはわかるかな。タイコの夜には遠く及ばない動画だけど。つーかこの人、天才だと思います。



Lady Flash / The Go! Team

World's End Recordから、愛をこめて。

ちょっとしたきっかけを頂いて、この曲を聴き直しててびっくり。Tighten Upをネタ使い、というかそのまま入れてるんですね。そのてらいのなさというか、思い切りの良さに感服しました。若干マッシュアップとも取れるくらいの使いぶり。耳を澄ませれば、ほら。あのリズムが浮き上がってきます。

Lady Flash / The Go! Team



The Birthday meets Love Grocer at On-U Sound

World's End Recordから、愛をこめて。

前回のダブ繋がりで、もういっちょ。日本が誇るロックバンドのひとつであろうThe Birthdayから、なんとDub Remixなアルバムが発売されました。チバの声は当然そのままなのですが、バックの演奏は確かにダブ。最近スローなロックナンバーが多かったってのはありますが、バースデー、遂にここまできました。

ここから試聴できます。

愉快なピーナッツ / くるり

World's End Recordから、愛をこめて。

最近レコードばっかり見ててCD全くチェックしてなくて。こないだ久々にタワーレコード行ったら、新譜が出てました。POPに「ハイウェイに次ぐ」的なコメントあったけど、まさに。こういう淡い感じ、嫌いじゃないです。言葉はさんかく、とかね。やっぱキラーチューンも聴きたいな、なんて思っちゃうのはワガママかしら。って、5日にアルバム試聴会やってたのか。

愉快なピーナッツ / くるり



Big City Lights / Shing02

World's End Recordから、愛をこめて。

詳しくないけど、実はヒップホップもわりと好きなんです。特にアッパーでハッピーな何も考えなくて済むようなトラックと、体の内側がじわじわと熱くなるようなトラック。ラテンっぽいトラックの本曲は後者で、Shing02のラップがさらに体の内側の温度をあげてくれます。One Mic / Nasにも負けないくらい、テンションあがる。

Big City Lights / Shing02



Lonely Ones / The Takeover UK

World's End Recordから、愛をこめて。

自分のルーツは歌謡曲とロックである。そう認識したら何だか安心して、ロックをしばらく聴いてませんでした。で、久々に戻ってきたのはこのロック。やっぱりカラッとしてる陽性のロックが好きみたいです。The Takeover UKは最近多い60年代〜70年代風のロックバンドですが、バンド自体が若すぎないのがいいと思います。彼らのブログも熱くて、素敵かと。

Lonely Ones / The Takeover UK



All through the night & Across The Universe / Cyndi Lauper

World's End Recordから、愛をこめて。

実はCyndi Lauperが一番最初に好きになった洋楽アーティストなんです。ザ・80年代の横ノリ感と、誰にもマネできない彼女の声を、夢中で聴いていた中学生の夏休み。三井不動産レジデンシャルのこのCMを観て、そんなことを思い出しました。Across The Universeのカバー。
でも、一番最初に好きになった彼女の曲は、実はこれでした。

All through the night / Cyndi Lauper



A Concealed Weapon / The Foxglove Hunt

World's End Recordから、愛をこめて。

先日、友人からThe Foxglove HuntというCDを借りました。全然知らなかったけれど、またひとつ素敵な音との出会いがありました。ちょうどNewOrderのBizarre Love Triangleあたりを聴いてたってのもあったし、何より晴れた春の朝に似合う。

A Concealed Weapon / The Foxglove Hunt




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM