Baby Stardust / Thee Michelle Gun Elephant

World's End Recordから、愛をこめて。

アベがこの世からいなくなろうがなるまいが、Thee Michelle Gun Elephantは揺らがない。あんまりこの曲を好きな人ってか取り上げる人いない気もするけど、一番好きな曲です。イントロがいいのが何よりだし、ドラムがドコドコいってるのもいい。

Baby Stardust / Thee Michelle Gun Elephant


周波数レコード / 東洋化成

World's End Recordから、愛をこめて。

DJやらせてもらうときに、1曲目って凄く重要だと思う。自分はこういうDJですっていうことも紹介しつつ、ツカミもOKっていう選曲が求められるから。ということで、バシッと1曲目が決まらなかったんだけど、これは1曲目に持ってきたら面白い。ちなみに東洋化成、オリジナルのレコード制作なんかも請け負ってくれるみたいです。


ドリフの早口ことば / ザ・ドリフターズ

World's End Recordから、愛をこめて。

ファンク!聴かず嫌いは損するぜ。イントロのホーン、その後のドラム。ワンコーラス終了後のブレイクとシャウト。いずれも最高です。コントだけじゃない、ドキドキするカッコ良さ。

ドリフの早口ことば / ザ・ドリフターズ


Sunny / Dreamlets

World's End Recordから、愛をこめて。

すっかり更新遅れてしまいました。また気長に書いて行きたいと思います。
さて、復帰1発目は誰もが耳にしたことがあるであろうSunnyです。オリジナルはBobby Hebbの代表曲ですが、ここではDreamletsという日本人スカバンドのカバーをご紹介します。オリジナルも聴いたことあるのですが、スカのバックビートの方がこの曲には相性いいんじゃないかな、なんて思ったり。

YouTube見当たらなかったので、別の曲を貼っておきます。雰囲気は伝わるはず。
I'm So Lonely / Dreamlets


BROWN GIRL / Exuma

World's End Recordから、愛をこめて。

これもクボタタケシ・クラシックと言われている一曲。やっぱいいんですよね、相当。キャッチーなのに安っぽくないところがとってもいい。Exumaの声もすごく良くて、聴いてると幸せな気分になれます。バハマの偉人。本作は72年作ですが、他のアルバムも聴いてみたいものです。Penny SausageってLPがすごくかっこいいみたい。

BROWN GIRL / Exuma


LEVE LEVE / PIERRE MAIZEROI

World's End Recordから、愛をこめて。

元はといえばDouble Standardでクボタタケシ氏が紹介してて知ったこのレコード。再発で買ったんだけど、それでもなかなか見つからなかった。何がいいってやっぱこのイントロ。あまりに印象的で、一度聴いたら絶対に忘れない。その後のこみ上げる湿っぽくも切ない感じ、これ最高。必聴です。

LEVE LEVE / PIERRE MAIZEROI


Batucada / PHIL MOORE 鶚 AND THE LATIN SOULTET

World's End Recordから、愛をこめて。

Batucadaといえば日本じゃbirdなんかもカバーするほどの超有名曲ですね。そんな数あるBatucadaのカバーの中でも最高傑作のひとつに挙げられているのが、このPHIL MOORE 鶚 AND THE LATIN SOULTETのカバーです。ちなみにBatucadaの生みの親はマルコス・ヴァーリって人なのだけれど、ワタクシが持ってる彼のLPは音が悪くて聴けたもんじゃないです。揺れてて気持ち悪い。


SOMEDAY / TSUCHIYA HIROMI

World's End Recordから、愛をこめて。

以前このブログでも書いたんだけど、改めて。
…でも改めて書き加えることもないかな。いい曲ってのに尽きる。
あ、7インチ発見して、無事捕獲完了しました。

Hot Banana / COLETTE

World's End Recordから、愛をこめて。

高くて素敵なレコードは沢山あるけど、安くて素敵なレコードも沢山あるはずで。このレコードは後者との幸運な出会いでした。Colletteは、Second Royal所属のアーティストです。確かに使いにくい曲かもしれないのだけど、こういう曲は、その後ろの曲がすごく映える。そんな流し方したらバチがあたるかしら。ところでセカンドロイヤルのHPでbud bookっての見つけました。これすごく気になる。買ってみようかな。


JANUARY, FEBRUARY / DUTCH RHYTHM STEEL & SHOWBAND

World's End Recordから、愛をこめて。

ひたすら1月から12月までを数え続けてるっていう、ただそれだけの曲。ただそれだけの曲なだけに、一度聴いたら忘れないってくらい超キャッチーです。スティールパン使ってるバージョンの7インチもそのうち欲しいなと思ったり。DUTCH RHYTHM STEEL & SHOWBANDってまだ活動してるのかなって思ったら、Myspaceあったね。

JANUARY, FEBRUARY / DUTCH RHYTHM STEEL & SHOWBAND



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM